2017年11月6日月曜日

10月28日 講演をしてまいりました

秩父市 引間歯科医院 ひきまっくすこと 引間英之です。

10月28日(土)は製薬会社N社さん主催のシンポジウムで講演をしてまいりました。
7月、9月は東京でしたが、今回は大阪での開催でした。

発達障害児への対応については、学部で学ぶ機会はほとんどありません。
治療の適応へのトレーニングは昔ながらの方法から変わっていない面も多いです。
特別支援教育や障害者福祉の分野での勉強会に参加して得た知識を
歯科へ応用することで対応してきました。
医療従事者が視点を変えればうまくいくことも多いです。
そのアイディアやポイントをお話ししてきました。

ご依頼をいただいた3回の講演はこれで終わりました。
頑張った自分へのご褒美は大切です。
終わった達成感と開放感あふれる1枚を撮っていただいました。



2017年10月7日土曜日

休診のお知らせ

秩父市 引間歯科医院 ひきまっくすこと 引間英之です。

10月7日(土)は研修会参加のため、休診いたします。


2017年9月25日月曜日

9月24日 PECS祭にて発表をしてきました

秩父市 引間歯科医院 ひきまっくすこと 引間英之です。

9月24日、京都テルサで行われたPECS祭(PECSの事例報告会)に
参加してまいりました。
全国から12の事例発表があった中、当院で取り組んだケースについて1つ、
そして埼玉PECS研究会の仲間と共同で1つ、計2つの発表をしました。

全国の本格的な実践者の方々を前に発表するのはとても緊張しましたが、
他の方々の発表も聞くことができ、とてもよい勉強になりました。

多くの方が誤解や認識不足されていることに、
『ある程度話ができているから大丈夫』
『言葉を話しているから大丈夫』
というのがあると思います。

『話をしている・言葉を話している』と『意志が伝わっている』とは
別次元の問題だと思っています。
意志を伝えることができないことによる問題は根本的なストレスになりますし、
大きな問題の引き金にもなりかねません。

PECSを使う・使わないの前に、本当に意志を伝えられているのか、というのが
本当に大切な観点だと思います。

そして、PECSは意志伝達の方法として、とても有効な手段であるのは確かですし、
オススメする方法です。